rvmをsudoを付けて(マルチユーザーとして)インストールする

rvmを管理者としてインストールしてみる(続きrubyも)。こちらのマニュアルのMulti-Userの項目を参考に進める。

$ bash < <(curl -s https://raw.github.com/wayneeseguin/rvm/master/binscripts/rvm-installer)

インストール自体はそれほどかからずに完了する。Single-Userの場合は、それぞれのホームディレクトリ以下に、Multi-Userの場合は/usr/local/rvm以下にインストールされる。また、インストール後は再ログインをする。

Once you have added the users you want to be able to use RVM to the rvm group, those users MUST log out and back in to gain rvm group membership because group memberships are only evaluated by the operating system at initial login time.

また、その後の関連コマンドについては下記のように入力する。sudo rvm -vとするとsudo: rvm: command not foundと怒られる。

$ sudo rvm -v

ではなく

$rvmsudo rvm -v

次にrubyをインストールする。まず、インストールに当たっての必要要件を確認する。

$ rvmsudo rvm requirements
省略

Additional Dependencies:
# For Ruby / Ruby HEAD (MRI, Rubinius, & REE), install the following:
  ruby: /usr/bin/apt-get install build-essential openssl libreadline6 libreadline6-dev curl git-core zlib1g zlib1g-dev libssl-dev libyaml-dev libsqlite3-0 libsqlite3-dev sqlite3 libxml2-dev libxslt-dev autoconf libc6-dev ncurses-dev automake libtool bison subversion

省略

このうち、For Rubyの部分を参考にして足りないライブラリをインストールする。また、rvmsudo rvm list knownによってインストール可能なrubyのバージョン等を確認する。続いて該当バージョンをインストール。

$ rvmsudo rvm list known
$ rvmsudo rvm install 1.9.3
省略
Install of ruby-1.9.3-p125 - #complete

最後にパスを通して、また通常使用するバージョンを指定する。

$ echo '[[ -s "/usr/local/rvm/scripts/rvm" ]] && . "/usr/local/rvm/scripts/rvm" # Load RVM function' >> ~/.bash_profile
$ rvm use 1.9.3 --default
Using /usr/local/rvm/gems/ruby-1.9.3-p125

rubyの削除は次のコマンドで行う

//ruby削除(ソースコードも削除する)
$rvmsudo rvm remove 1.9.3
//ruby削除(ソースコードは削除しない)
$rvmsudo rvm uninstall 1.9.3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA