zfs/raidz on FreeBSD

zpoolの作成からファイルシステムの作成とマウント、それぞれの削除、アンマウントまでのコマンド備忘録。

ada0からada3までを使ってraidzのzpoolを作成する。

#zpool create zpool0 raidz ada0 ada1 ada2 ada3

作成したzpoolの状態はzpool statusコマンドで表示する。

#zpool status
	NAME	STATE	READ	WRITE	CKSUM
	zpool0	ONLINE	 0	0	0
	 raidz1	ONLINE	 0	0	0
	  ada0	ONLINE	 0	0	0
	  ada1	ONLINE	 0	0	0
	  ada2	ONLINE	 0	0	0
	  ada3	ONLINE	 0	0	0

zfsのファイルシステムの状態はzfs listコマンドで表示する。

#zfs list
        USED	AVAIL	REFER	MOUNTPOINT
zpool0	155K	5.34T	31.4K	/zpool0
zpool0/storage	31.4K	5.34T	31.4K	/zpool0/storage

zpool0以下にstorageという名前のファイルシステムを作成する。

#zfs create zpool0/storage
#zfs list
        USED	AVAIL	REFER	MOUNTPOINT
zpool0	155K	5.34T	31.4K	/zpool0
zpool0/storage	31.4K	5.34T	31.4K	/zpool0/storage

作成したzpool0/storageを/mnt/storageにマウントする。

#mkdir /mnt/storage
#zfs set mountpoint=/mnt/storage zpool0/storage
#zfs list
        USED	AVAIL	REFER	MOUNTPOINT
zpool0	155K	5.34T	31.4K	/zpool0
zpool0/storage	31.4K	5.34T	31.4K	/mnt/storage

マウントポイントを消去する。

#zfs set mountpoint=none zpool0/storage
#zfs list
        USED	AVAIL	REFER	MOUNTPOINT
zpool0	155K	5.34T	31.4K	/zpool0
zpool0/storage	31.4K	5.34T	31.4K	none

ファイルシステムを消去する。

#zfs destroy zpool0/storage
#zfs list
        USED	AVAIL	REFER	MOUNTPOINT
zpool0	155K	5.34T	31.4K	/zpool0

その他1:zpool0を消去する。

#zpool destroy zpool0

その他2:ada0とada1を使ってmirrorのzpoolを作成する。

#zpool create zpool0 mirror ada0 ada1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA