ノーベル賞に沸く

毎年この時期はノーベル賞受賞者の発表に沸く。発表前から○○大学の○○教授が受賞しそうだ、と様々なニュースで取り上げられる。

けれども、「誰が受賞したのか」もっと言えば「日本人が受賞したのかどうか」だけが大きく取り上げられて、もし日本人が受賞すればまだしも、そうでない場合には「日本の○○教授は受賞できませんでした」というコメントと共に流されていくことが多いことに不満を覚える。たとえ日本人でなくても、この先の何年、何十年の間、私たちにとって大きな恩恵をもたらす素晴らしい成果を残した研究や研究者をどうしてもっと大きく取り上げないのか。

広い意味で、自分たちに近しい関係の人間がこのような栄誉を手にすることを喜ばしく思うのであれば、ほんのもう少し目を外に向けて「日本人の成果」はなくて「私たちの成果」として大きく取り上げてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA