Google Chromeの拡張機能を復元する

PCは壊れたけれど、ハーディスクは無事(データの読み出しが可能)であるという状況、もしくは目的の拡張機能が何らかの理由で公開中止になってしまったけれどインストールだけはしてあるといった状況でChromeのプラグインを復元してみる。

ハードディスクを外付けのドライブとして接続しその名前をXとすると、Windows Vistaの場合、拡張機能の本体は下記に保存されている。

X:\ユーザー\[ユーザー名]\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Extensions\

ここにランダムなアルファベットで記述されたディレクトリがあり、それぞれがいずれかの拡張機能に該当する。その中にさらにmanifest.jsonのようなファイルがあるので、内容をテキストエディタなどで開き拡張機能を推測する。

目的の拡張機能が入っているディレクトリ(※)がわかったら、それを現行のシステムディレクトリ(C:\)以下の同じ場所にコピーする(厳密にはコピーをする必要はないが、そのままで下記の作業を実行するとChromeは拡張機能をそのプログラム本体へのリンクをする形で利用するらしく、外付けのドライブを外した瞬間に拡張機能は使えなくなる)。

最後に、Chromeの「ツール」から「拡張機能」を開き「デベロッパーモード」をONにすると、「パッケージ化されていない拡張機能を読み込みます…」というオプションが表示されるのでそれをクリックして先ほどの(※)を選択する。すると、無事に拡張機能が読み込まれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA