pkgsrcを展開する

pkgsrcを導入する。とりあえず新しくなくても良いのでstable版を。

[php]
#cd /usr
FTPで持ってくる
#ftp ftp://ftp.netbsd.org/pub/pkgsrc/stable/pkgsrc.tgz
そして展開(時間がかなりかかる)
#tar -xvf pkgsrc.tar.gz
[/php]

MovableTypeで「~」が化ける

MTの記事中に「~」を含めると、再構築した際に「?」となって正常に表示されないことがある。これはDBとMTとの文字コード解釈の違いによるものだそうで、根本的にはDBもしくはMTで文字コードをどちらかに合わせてあげれば良いが、そんな時間もないときには数値文字参照で済ます。

[php]
10進数: ~
16進数: ~
[/php]

いろいろと解決方法はあるみたい。

NetBSD3.1.1を無線LANからインストールする。

物置で眠っていたThinkPad560を復活させようと思いNetBSD3.1.1をインストールしてみる。構成は次の通り。

  • ThinkPad 560(2640-FVE)
  • FD-05P(フロッピーディスクドライブ)
  • Planex GW-NS11H(無線LANカード)

CD-ROMドライブが正常に動かず、またUSBポートすらなく、どうしようと思っていたところPlanexの無線LANカードが転がっているのを見つけたのでそれを利用することに。幸運にもデフォルトで認識された(単純に古いからか)。

フロッピーからブートしてインストールを普通に進める。しかしながら、いざファイルのダウンロードの段になってFTPの設定がうまくいかない。IPアドレス、DNS等を入力したのにも関わらずルーターまでたどり着けない。よく考えたらルーター側にSSIDやパスワードを設定しているがそんな項目はインストーラーにはなかった。そこで、インストーラーを一旦抜けて次のように設定をする。

まずdmesgで無線LANカードが認識されていることを確認。

次に「NetBSD-3.1.1 Install System」のメニューから「e: Utility menu」を選択し、シェルを立ち上げて次のように設定をする。ルーター側にはSSIDとWEPキーのみを設定してある。TKIPやAESの場合は未確認。

[php]
#ifconfig wi0 ssid ABCDE (ssidの設定)
#ifconfig wi0 nwkey 12345 (パスワードの設定/ルーター側は一般的なWEBキーを設定済み)
#ifconfig wi0 mode 11b (ssidの設定)
#ifconfig wi0 (設定の確認)
#ifconfig wi0 up (起動)
[/php]

sysinstコマンドでインストーラーに戻ってインストールを続行するとダウンロード先のftpサイト等が表示されるのでそのまま次へ進む。場合によってbase directory等のパスが見つからないことがあるので、その場合は正しいパスを調べて修正する。

[php]
ftp://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/NetBSD-3.1.1/(修正前)
ftp://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD-archive/NetBSD-3.1.1/(修正後)
[/php]

※インストール後にも上記と同様にifconfig関連の設定後、#dhclientコマンドを行うことでネットワークにつなげることができる。あとは、これらを自動起動するようにする。

あとは種々の設定を行ってインストールはおしまい。それにしても15年も昔のパソコンが問題なく動くことに感動。新しく新しくと言われるけれど、本当にどこまでが必要なのか、よく考えないとなあ。

Google Chromeの拡張機能を復元する

PCは壊れたけれど、ハーディスクは無事(データの読み出しが可能)であるという状況、もしくは目的の拡張機能が何らかの理由で公開中止になってしまったけれどインストールだけはしてあるといった状況でChromeのプラグインを復元してみる。

ハードディスクを外付けのドライブとして接続しその名前をXとすると、Windows Vistaの場合、拡張機能の本体は下記に保存されている。

X:\ユーザー\[ユーザー名]\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Extensions\

ここにランダムなアルファベットで記述されたディレクトリがあり、それぞれがいずれかの拡張機能に該当する。その中にさらにmanifest.jsonのようなファイルがあるので、内容をテキストエディタなどで開き拡張機能を推測する。

目的の拡張機能が入っているディレクトリ(※)がわかったら、それを現行のシステムディレクトリ(C:\)以下の同じ場所にコピーする(厳密にはコピーをする必要はないが、そのままで下記の作業を実行するとChromeは拡張機能をそのプログラム本体へのリンクをする形で利用するらしく、外付けのドライブを外した瞬間に拡張機能は使えなくなる)。

最後に、Chromeの「ツール」から「拡張機能」を開き「デベロッパーモード」をONにすると、「パッケージ化されていない拡張機能を読み込みます…」というオプションが表示されるのでそれをクリックして先ほどの(※)を選択する。すると、無事に拡張機能が読み込まれる。

DELL OptiPlex 980でRAID構成を変更する

表題のPCをカスタマイズ有りで注文したが設定を一カ所間違え、本来はRAID1とすべきところをRAID0で設定をお願いしてしまった。自分のミスでもあるのでなんとか直す。

  1. Windowsを立ち上げ、WIndows7のリカバリディスクを作成する(一度しか作成できない)。
  2. 再起動後、CTRL+I(大文字アイ)を押してIntel Rapid Strage Technologyの画面へ入る
  3. 2. Delete RAID VolumeでRAIDを削除
  4. 1. Create RAID VolumeでRAIDを作成
  5. 再起動後、先ほどのリカバリディスクから再セットアップ

なお主な構成は次の通り

  • Optiplex 980SFF パフォーマンスモデル-S – OptiPlex 980 スモールフォームファクタ
  • SATA RAID Level 0 二台構成(320GB、7200回転、2.5インチ)
  • Windows(R) 7 Professional 正規版 (日本語版) 32ビット

特段難しくは無かったが、CTRL+I(大文字アイ)をCTRL+l(小文字エル)と読み間違えていたため小一時間はまった。。。