MTでページ毎にclassを設定する。

MTにてページ毎に何らかのclassを割り当てて、そのページ独自のスタイルを設定する。つまりそのページにいることを何らかの形で示すことをする。いろいろと悩んだ末に、PHPと連携させて次のようにした。

もっと他にスマートな方法がありそうだけれど、取り合えず。。。

<mt:MultiBlog include_blogs="xxx">
<mt:Entries>
<mt:EntriesHeader>
<ul>
<li class="select"><a href="<$MTBlogURL$>">一覧</a></li>
</mt:EntriesHeader>
<MTSetVarBlock name="entryname"><$mt:EntryID pad="1"$>.php</MTSetVarBlock>
<?php
$entryname = '<$MTGetVar name="entryname"$>';
$class = "";
if(basename(__FILE__) == $entryname) $class = "select";
?>
<li class="<?php echo $class;?>"><a href="<mt:EntryPermalink />"><mt:EntryTitle /></a></li>
<mt:EntriesFooter></ul></mt:EntriesFooter>
</mt:Entries>
</mt:MultiBlog>

未来のデバイス

Googleがいろいろなサービスを立て続けにリリースしている。Google日本語入力に、Google音声検索、そしてGoogle翻訳のテキスト読み上げ機能。いずれも「言葉」をキーワードにしたもの。つい先日も、GoogleWaveという「”メール”というものの概念を根本から考え直した」と言われるサービスを立ち上げた。今度は、「言葉」をキーワードに、さしずめ「”入力デバイス”というものの概念を根本から考え直す」ような事を考えているのかな。

そのうち、iPhoneなんかに向かって「メール!」と話せばメールソフトが立ち上がり、そのまま話した内容を口述筆記(?)をしてくれて、最後に宛先と「送信!」のかけ声でメールが送られるような仕組みが出来るんじゃないかなと思った。というか既に出来ていて、その先の何かと共にテストでもしているのかな。