Chrome OS その2

Chrome-OS-2009-11-20-22-22-10.gif

Chrome-OS-2009-11-20-22-26-31.gif

先ほどのChrome OSをさっそく仮想マシン上で動くようにしたという記事を見つけ、さっそく試してみた。

さすがに7秒ではないが、確かに他の仮想マシンと比べても早かった。立ち上がったら、いつものようにGoogleのアカウントを入力してEnterキーを押せばログインにはなるけれど、見た目はGoogle Chromeとほとんど変わらないように見える。違いといえば右上に電源とネットワークのインジケータ、それに唯一の設定メニューがあるくらいかな。

これがあと1年もすれば立派なOSとして成長していくと思うと、今からとても楽しみ。

仮想マシン用のファイルにはvmware版とvirtualbox版の二つがあり、私はvmware版で設定をした。その際、解凍して得られるのはvmdkファイルのみであるので、手動でvmxファイルを作らなければいけない。ほかのvmxを参考にして使ったのがこちら。

config.version = "8"
memsize = "512"
displayName = "Chrome OS"
guestOS = "other26xlinux"
ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "chrome-os-0.4.22.8-gdgt.vmdk"
ide0:0.redo = ""
ide1:0.autodetect = "TRUE"
ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.fileName = "auto detect"
ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"
ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.connectionType = "bridged"
ethernet0.addressType = "generated"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA