PROJECT TUVA

projecttuva.jpgのサムネール画像

Microsoft Reserchのウェブサイトでかのリチャード・P・ファインマン博士の講義映像が公開された。1964年に「Messenger Lectures」としてコーネル大学にて行われた講義をBBCが撮影し放映されたものをMicrosoftのビル・ゲイツ氏が権利を買い取り公開をしたもの。

Richard Feynman博士といえば、MITからプリンストン大学大学院へ進学し、戦時中はオッペンハイマー、ハンスベーテらと共に原子爆弾の開発に携わり、戦後は量子力学の研究に打ち込み1965年には「料理力学の朝永振一郎、ジュリアン・S・シュウィンガーと共にノーベル物理学賞を受賞している。その後も、1986年のチャレンジャー号爆発事故の事故調査員として活躍したが1988年に亡くなっている。

私がファインマン博士を初めて知ったのは高校時代。司書の方に「面白い本がある」といって紹介されたのが「ご冗談でしょうファインマンさん」という彼の生涯をつづったエッセイ。物理学者の自伝とは思えないほどの面白さで、その考え方、生き方に対して私は一気にファンになった。続けていくつかの本(さすがにファインマン物理学は途中で挫折したが・・・いつかは読破したい)を読んだ中で最も印象に残っている、そして今でもよく思い出す言葉は「What Do You Care What Other People Think?」(意訳すれば「人がどう思うと構わないから、自分の満足のできることをしなさい」となるのかな)という一言。なんだか、ここに生き方の全てが集約されているような気がする。そして、少し大げさだけれど、自身の考え方の大きな指針になっている。

・・・ともかく、こうして博士の生の表情、声、姿をこの目で見られるなんてこんなに嬉しいことはありません。普通であればずっとどこかで眠り続けていたであろう貴重な映像を公開して下さったビル・ゲイツ氏に感謝。