T60pでGavotte Ramdiskを試す。

今更ながらRAMDISKを試してみようと思い、いろいろいじってみました。使用したソフトはGavotte Ramdisk(まとめWIKI)。

まずは普通にGavotte RamdiskをインストールしてRAMDISKを作成する。が、タスクマネージャの使用メモリが激増することからどうもOS管理内から領域を取得している様子。コマンドプロンプトから「bcdedit /set pae forcedisable」をするも効果なし。

これはハード的な問題かと考えいろいろ調べてみると、BIOSにてMemory Remapping Featureを有効にしなければいけないという記述を見つけるが、BIOSをのぞいて見るも、そもそもそんな記述がなくてどうしようもない。

最後の希望にと、Memtest86をかけて本当に4GBを利用できるのかを調べたところ、やはり3GBちょっとしか認識しておらず、ここであきらめた。。。

原因としては、T60pのチップセットはモバイル インテル® 945PM Express チップセットであって、CPU/メモリ間のアドレス本数が32bit分しかなく、この本数にはPCIデバイス等の予約分も含まれるために、そもそもBIOSにて4GBが利用できない(表示はされるが)とのこと(私もなんとなくの理解ですので、詳しくはこちらを参照)。

何かの参考にと、私の環境でのメモリ容量を掲載します。

スペック

パソコン
ThinkPad T60p
OS
Windows Vista Ultimate SP1 32bit
CPU
Intel Core2 T7600(2.33GHz)
メモリ
2GB*2(合計4GB)

メモリの認識容量

BIOS
4096MB
POST
3069MB(3070MB?)
Memtest86
3070MB
タスクマネージャ
3069MB
コントロールパネルのシステム
4.00G

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA