見るなと言われると・・・

どこかのニュースサイトを巡っていたところJSHOPPERS.COMというショッピングサイトへのリンクをたまたまクリックしてしまった。ところが、アクセスしてみると、こんなメッセージが。

海外向けサイトであるため、原則的に日本国内からはご覧になれません。

なんというか、インターネットの世界での「国境」を初めて感じた。インターネットは基本的にオープンであって、情報の質は別としても、知りたいと望めば誰でもアクセスが可能なものだと思っていた。たとえそのサイトが有料であっても、それはお金を払えばよいし、年齢制限があるのなら、それまで待つ、もしくは近くの大人(子ども)に替わってもらえばよいが、「国によってアクセスの可否が決まる」というのはまた別の次元の話。こればかりは大多数の人にとっては基本的にどうしようもないものだと思う。じゃあ、僕は今日から「○○人」なんてことできないしね。
たしかYoutubeも似たようなことをしていたような。。。

きっと、これまでの歴史のなかで国境をこれほど意識しなくなった事柄はインターネットをおいて他にはない。海外なんてろくに訪れたこともない私がいうのも何だけれど(だからこそ、そう思うのかな)、そうして広がった世界観を狭めるようなことだけはしたくないし、されたくはない。

とはいえ、見るなと言われると見たくなるのが心情。ちょっと経由して覗いてこようかな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA