OpenPNE3.0.1をインストールする。

ようやくリリースされた3.0.1をインストールしてみる。

基本はこちらのインストールガイドに沿って行います。なお、シリーズ3からはsymfonyの事前セットアップが必要。

まずこちらからファイルをダウンロードして解凍します。解凍先は「/公開ディレクトリ/op3/とします。次にテーブルの作成。今回はユーザー名/パスワード/DB名を共に’openpne’としてます。

$mysql -u root -p
mysql> CREATE DATABASE openpne DEFAULT CHARACTER SET utf8;
mysql> grant all privileges on openpne.* to openpne@localhost identified by 'パスワード(openpne)';

次に解凍したフォルダのsymfonyフォルダがあるディレクトリで次のコマンドを実行します。

$./symfony openpne:install

途中でいくつかの質問に答えます。最後に確認をしてOKのはずです。

Choose DBMS (mysql, pgsql or sqlite) <-DBMS名の選択
mysql
Type database username <-DBのユーザー名の選択
openpne
Type database password (optional) <-DB名の選択(オプショナル)
openpne
Type database hostname <-DBホスト名の選択
localhost
Type database name <-DB名の選択
openpne
Type database socket path (optional) <-ソケットパス名の選択(オプショナル)
The DBMS                mysql
The Database Username   openpne
The Database Password   ******
The Database Hostname   localhost
The Database Name       openpne
The Database Socket
Is it OK to start this task? (y/n) <-最終確認
y

インストールが完了したら、下記にアクセスします。

一般ページ
http://***.***.***/op3/web/
管理ページ
http://***.***.***/op3/web/pc_backend.php
id/pwはadmin/password

インストール途中で次の警告がでます。とりあえず動くので調査は保留・・・

Warning: symlink(): ファイルが存在します in /***/***/***/op3/lib/symfony/task/sfFilesystem.class.php on line 224

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA