このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。

このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。

何の気なしに検索をしていたら、23時45分ころかな、急にこんなメッセージが出るようになった。別に怪しい単語で検索をしたわけではないのだけれど、「google」なんて単語でも同様の症状の様子。これでは検索した結果のサイトにすらたどり着けない。何度試した見ても様子は変わらず、ついには私の接続環境が何かおかしいのかとも思い、別の回線からアクセスしてみたけれどダメみたい。

普段は使わないyahooなどでいろいろ調べちゃいました。。。結局分からずじまいだったけれど。うーん、いったい何だろう??

追記(2月1日00時23分)

あれからちょっとしてから普通に戻った様子。いったい何だったのやら。。。

追記2(2月1日00時46分)

やはりそこら中で同じ現象だったらしい。某掲示板でも騒がれてました。

追記3(2月1日12時30分)

googleによるデータ更新時の人為的操作ミスであった模様。googleでもそんなことあるんだなあと、不具合に対する不満などではなくちょっとした驚きを感じました。(公式ブログによる見解(2/2追加))

google.gif

unixでテキストファイルなどの行数を確認する。

コマンドラインからテキストファイルなどの行数を確認する。他のコマンドからの出力をカウントすることができるので、ファイル数、ディレクトリ数を確認するのに便利かも。

$ wc

次のようなオプションもある。

  • -l(行数を表示する)
  • -w(単語数を表示する)
  • -c(ファイルサイズ(byte数)を表示する)

Maximum execution time of 30 seconds exceeded

phpに重い処理をさせたら次のように怒られた。パフォーマンスチェックなどをしたいけれど、時間がないのでphp.iniの設定を変更した。

Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded in /path/to/hoge.php on line 72

php.iniのmax_execution_timeを大きな秒数に設定する。もしくは0(無制限)にする。このほか、ブラウザのリミットなどにも依存する。

max_execution_time = 180

参考

pecl::imagick をインストールする。

pecl::imagickをインストールする。

# pecl install imagick
checking ImageMagick MagickWand API configuration program... configure: error: not found. Please provide a path to MagickWand-config or Wand-config program.
ERROR: `/tmp/tmphz3ZyH/imagick-2.2.1/configure --with-imagick' failed

途中でMagickWand-config or Wand-config programがない!と怒られる。調べてみると、「Install ImageMagick-devel package using “yum install ImageMagick-devel” and then continue.」とのことで、ImageMagick-develをインストールしてからリトライする。

# yum install ImageMagick-devel
# pecl install imagick

今度は問題なくインストール完了。最後に、「You should add “extension=imagick.so” to php.ini」とのことなので、php.iniに以下の行を追加する。

extension=imagick.so

参考

ImageMagicをインストールする。

必要に迫られ、CentOSにImageMagicをインストールする。

# yum install ImageMagick
Setting up Install Process
Parsing package install arguments
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package ImageMagick.i386 0:6.2.8.0-4.el5_1.1 set to be updated
--> Processing Dependency: libwmflite-0.2.so.7 for package: ImageMagick
--> Processing Dependency: libgs.so.8 for package: ImageMagick
--> Running transaction check
---> Package libwmf.i386 0:0.2.8.4-10.1 set to be updated
---> Package ghostscript.i386 0:8.15.2-9.3.el5 set to be updated
--> Processing Dependency: ghostscript-fonts for package: ghostscript
--> Processing Dependency: urw-fonts >= 1.1 for package: ghostscript
--> Running transaction check
---> Package urw-fonts.noarch 0:2.3-6.1.1 set to be updated
---> Package ghostscript-fonts.noarch 0:5.50-13.1.1 set to be updated
--> Finished Dependency Resolution
Dependencies Resolved
=============================================================================
Package                 Arch       Version          Repository        Size
=============================================================================
Installing:
ImageMagick             i386       6.2.8.0-4.el5_1.1  base              3.3 M
Installing for dependencies:
ghostscript             i386       8.15.2-9.3.el5   updates           5.9 M
ghostscript-fonts       noarch     5.50-13.1.1      base              801 k
libwmf                  i386       0.2.8.4-10.1     base              821 k
urw-fonts               noarch     2.3-6.1.1        base              4.5 M
Transaction Summary
=============================================================================
Install      5 Package(s)
Update       0 Package(s)
Remove       0 Package(s)
Total download size: 15 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
(1/5): ghostscript-fonts- 100% |=========================| 801 kB    00:00
(2/5): urw-fonts-2.3-6.1. 100% |=========================| 4.5 MB    00:09
(3/5): ghostscript-8.15.2 100% |=========================| 5.9 MB    00:06
(4/5): ImageMagick-6.2.8. 100% |=========================| 3.3 MB    00:05
(5/5): libwmf-0.2.8.4-10. 100% |=========================| 821 kB    00:00
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing: ghostscript-fonts            ######################### [1/5]
Installing: urw-fonts                    ######################### [2/5]
Installing: ghostscript                  ######################### [3/5]
Installing: libwmf                       ######################### [4/5]
Installing: ImageMagick                  ######################### [5/5]
Installed: ImageMagick.i386 0:6.2.8.0-4.el5_1.1
Dependency Installed: ghostscript.i386 0:8.15.2-9.3.el5 ghostscript-fonts.noarch 0:5.50-13.1.1 libwmf.i386 0:0.2.8.4-10.1 urw-fonts.noarch 0:2.3-6.1.1
Complete!

とっても簡単。

phpのエラーメッセージが表示されない。

いつからからphpのエラーメッセージが出なくなった。

調べてみるとphp.iniの中の下記の項目がOffになっていた。さわった記憶はないのだけど、何かの作業の時に上書きでもしてしまったのか。。。

display_errors = Off
error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE

フラグをOnにして/etc/rc.d/init.d/httpd restartをしたら元通りになった。
念のためメモ。

php.iniを見るといろいろなサンプルがある模様。勉強になりました。

; Examples:
;   - Show all errors, except for notices and coding standards warnings
error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE
;   - Show all errors, except for notices
;error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE | E_STRICT
;   - Show only errors
;error_reporting = E_COMPILE_ERROR|E_RECOVERABLE_ERROR|E_ERROR|E_CORE_ERROR
;   - Show all errors, except coding standards warnings
;error_reporting  =  E_ALL^E_NOTICE

終末時計

「終末時計」なるものの存在を知った。

1947年以来、核兵器により世界が滅亡するその時を0時として、その15分前との間を行き来している。近年ではその時計の針を進める(戻す)ための基準として地球の温暖化が加えられたこともあり、2007年には5分前まで針が近づいた。

残りの5分間が、あと何年、何ヶ月、何日後のことなのかは誰にも分からないけれど、有限であることはきっと確かだろうと思う。もしかしたら、本当に5分後であるのかもしれない。こんな時だけは、自分が自分から抜け出して「人類の」とか「地球の」とかそんなオーダーでものごとを見ることができる。

そう、これを書いていて、星新一の「午後の恐竜」を思い出した。

参考

信じられない

昨日、友人が亡くなった。交通事故だそうだ。

よく行く飲食店の学生アルバイトで、礼儀正しく、真面目で、努力家で、とても好感が持てる青年だった。歳も10年近く離れているとは思えないほど落ち着いていた。つい先日も彼を含めて何人かで初詣に出かけ、帰りは自宅まで送ってもらったばかり。まさかそれが最後になるとは夢にも思わなかった。

自動車が大好きで、その道の専門学校へ通い、この春からは晴れて関連の会社への就職が決まっていた。そして、私を含めてきっと誰もがその活躍を確信していた。

先ほど、そんな彼の訃報を受けて、いろいろな思いが頭を駆けめぐった。でも、未だに信じられない。またお店に行けばいつものように「あっ、こんちは」と元気に顔を出すのではないかと、心のどこかで期待をしている。