仕合わせ

中島みゆきの「糸」を歌詞を見ながら聴いていると、その最後に「仕合わせ」という単語が出てきます。「幸せ」?じゃないのと思い、調べてみるとどうやら違うらしい。

「仕合わせ」とは巡り合わせ、出会い、といった意味でありその中に「幸せ」が含まれるのだということ。つまり「仕合わせ」は「幸せ」と「不幸せ(と書くならば)」とを文字通り合わせたものであり、私たちが普段考える「しあわせ」よりも広義であるということです。

なるほど、「幸せ」よりも「仕合わせ」の方が、見えざる力というかなんというか、そんな不思議な感覚にとらわれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA