Warning: Call-time pass-by-reference has been deprecated

php.iniにてallow_call_time_pass_referenceがOFFになっている場合、引数を関数へ参照つきで渡すとこのように怒られます。調べてみると次の理由によるらしい。

関数のコール時に引数が参照で渡された場合に、警告するかどうかを 設定します。この機能は過去のものであり、将来のバージョンの PHP/Zend ではサポートされない可能性があります。 推奨される方法は、関数宣言時に参照渡しとするべき引数を指定する ことです。将来のバージョンでの動作を保障するために、この オプションを off とし、スクリプトがこの状態で正しく動作することを 確認することが推奨されます (この機能を使用する度に警告が発生します)。

関数コール時に参照で引数を渡すことは、コードの明解さを損なうために 廃止されています。関数は、引数が参照渡しであると宣言されて いない場合でも、文書化されていない方法で、その引数を修正できます。 副作用を回避するためには、どの引数を参照渡しとするかを関数宣言でのみ 指定すると良いでしょう。

勉強になりました。

参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA