Samba over SSH

はじめに

自宅PC(Vista SP1)から会社のsambaサーバーにアクセスをするためにSamba over SSHを設定してみました。下記サイトを参考にしながら作業をします。 [1] [2] [3] [4]

以下簡単に手順のみ

コントロールパネルのハードウェアの追加から、ネットワークアダプタを追加し、ドライバは(Microsoft Loopback Adapter)を選択します。 そのハードウェアに対して適当な名前(SambaOverSSH)をつけ、次のように設定します。このとき、IPアドレスとサブネットマスクのみ値を入れて、そのほかは空でもかまいません。

169.254.0.1/255.255.255.0

また、詳細設定のNetBIOS over TCP/IPは無効にしておきます。

次に、Puttyを立ち上げ、SSHトンネリングの項目を次のように設定します。169.254.0.1は先ほどのダミーネットワークカー ドに設定したIPアドレスであり、192.168.1.200はSambaサーバーのIPアドレスになります。Vistaではポート番号に445が使われ ますので、そちらも併せて設定をしておきます。

169.254.0.1:139 192.168.1.200:139
169.254.0.1:445 192.168.1.200:445

その後、Puttyを使ってリモートサーバーに接続してからネットワーク接続などのアドレス欄に

\\169.254.0.1

と打ち込めばめでたくリモートサーバーに接続することができます。

困ったこと

が、しかし基本的な設定をしてもなぜかつながらない。XPではうまくいくのに。よくよく調べてみると、昨年12月に出されたVista用のパッチ(KB94262)あてていると445ポートのフォワーディングが無効になってしまうとのこと。http://www.blisstonia.com/eolson/notes/smboverssh.phpによれば、WindowsXP SP2では新たにパッチを当てれば問題がないようですが、Vistaの場合には対応策は今のところないようです。

If you are running Windows XP SP2 you *must* install this (official)
Microsoft patch: http://support.microsoft.com/?id=884020. We also
have a report that Vista patch KB942624 breaks port 445 forwarding
(thanks jan harders). J Miller reports that KB942624 is included in
Vista SP1: in short, this method may not work on Vista SP1 until a
new workaround is found.

これには参りました。なにか良い方法はないものか。。。

Rubyをインストールする

はじめに

redmineが使いたくて社内サーバーにrubyを入れてみました。

インストール

下記のようなメッセージによりRubyの再インストールをする場合、次にようにします。

** Ruby version is not up-to-date; loading cgi_multipart_eof_fix
# yum remove ruby // rubyを消します。

# yum remove ruby-libs // ruby-libsを消します。

# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.6.tar.gz // 新しいrubyをダウンロードします。
# tar -zxvf ruby-1.8.6.tar.gz
# cd ruby-1.8.6
# ./configure --prefix=/usr // 新しいrubyをインストールします。
# make
# checkinstall --fstrans=no

MovableTypeのアーカイブマッピング

インストール

XREAのCORESERVER.JPを使ってMovableTypeのオープンソース版をインストールしました。

以下作業環境

設定

アーカイブマッピング

ブログ記事を投稿するたびにファイル名を設定するのは面倒なので、アーカイブマッピングという機能を使い、自動的に連番が割り振られるように設定す る。(そうしなくても、postなんとかという名前は勝手に付きますが…)。手順としては簡単で、それぞれのアーカイブテンプレートの編集画面から、 アーカイブマッピングの機能を使う。既に既存のパスが設定されているのでこれを次のように変更することで、連番が振られるようになる。

 %y/%m/%e.html

困ったこと

Error: [500] <h1>Script Error</h1>

インストールが無事に終了し、スタイルでも変えようかとしたところ、デザインの適用を押した時点で下記のエラーが表示されました。

Error: [500] <h1>Script Error</h1>
<p>The script did not produce proper HTTP headers. Please see the error log to see the detail of the errors.
Depending on the server configuration, you can also run thisscript under CGIWrap debugging. Usually, either rename or linkthe script temporarily to a file which ends with <tt>.cgid</tt>extension, or add a <tt>AddHandler cgi-script-debug .cgi</tt>line to your <tt>.htaccess</tt> file.</p>

調べてみるとこちらに解決方法がありました。ありがとうございます!

CORESERVER において StyleCatcher 適用時にエラーする件

以下作業のみ

/Movabletypeのルートパス/plugins/StyleCatcher/lib/StyleCatcher/CMS.pm

上記ファイルの273行目付近にある「print STDERR “styles=$styles\n”;」をコメントアウトします。

(前)

print STDERR "styles=$styles\n";

(後)

#disable 2008/09/28
#print STDERR "styles=$styles\n";

checkinstallをインストールする。

はじめに

checkinstallはソースコード等からRPM形式のパッケージを作成してくれるソフトです。

作業環境

  • CentOS 5.2
  • DELL PowerEdge SC440

インストール

yumからインストール

yumコマンドからインストールを行います。リポジトリ関係でエラーが発生する場合は下記を参照します。

 # yum --enablerepo=rpmforge install checkinstall

tgzからインストール

yumコマンドからインストールを行います。

# wget http://asic-linux.com.mx/%7Eizto/checkinstall/files/source/checkinstall-1.6.1.tgz
# tar zxvf checkinstall-1.6.1.tgz
# cd checkinstall-1.6.1
# make
# make install

困ったこと

Error getting repository data for rpmforge, repository not found

これはyumリポジトリにRPMForgeリポジトリを加えていない場合に発生するようです。 CentOS で構築する自宅サーバを参考にさせていただきます。

以下作業のみ

# wget http://dag.wieers.com/packages/rpmforge-release/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
# rpm -Uhv rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
(CentOS4の場合はel4に)
# vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
enabledを1から0に変更
# wget http://dag.wieers.com/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# rpm --import RPM-GPG-KEY.dag.txt

checkinstall: command not found

上記の方法によって正しくインストールされたと思うのですが、なぜかcommand not foundとなります。

# command not found

よくよく調べてみたら、単純にパスが通っていないだけでした。。。

# /usr/local/sbin/checkinstall

FlashVarsを利用してパラメータをswfへ渡す

swfへパラメータを渡したいときには、FlashVarsを利用する。

Object タグの例:
<PARAM NAME=FlashVars VALUE=”foo=Hello%20World&paragraph=first+line%0Dsecond+line”>
Embed タグの例:
<EMBED src=”display.swf” FlashVars=”foo=Hello%20World&paragraph=first+line%0Dsecond+line” … (ほかのパラメータ)> </EMBED>

参照:http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?228618+002

まめFileでファイルのコピー/移動時にダイアログを表示しない

まめFileでファイルのコピーなどをした場合、その都度「ファイルの操作の確認」画面が出ます。これはこれで便利なのですが、ちょっと煩わしいときも。。。

そんなときは次の設定で、ダイアログをOFFにします。

「設定」->「オプション」->「マウス操作」タブにある「マウス関連の動作」の中の「ファイルのドラッグアンドドロップでダイアログを表示しない(エクスプローラ準拠)」のチェックを外します。

なぜかなかなか見つからなくて、今日、やっと見つけることが出来ました。
これでまた少し便利になるかも。

まめFile5 Ver.5, 30, 0, 0 UNICODE版

as3で連想配列を作る

as3で多次元の連想配列を作るメモ。
rsにはあらかじめxmlをロードしておく。

function getImageList():Array {
var item:XML;
var imageList:Array = new Array();
var ar:Object = new Object();
for each (item in rs.image){
ar["title"]=item.title;
ar["link"] = item.link;
imageList.push(ar);
}
//trace(imageList);
return imageList;
}

xmlサンプル。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<data>
<image>
<title>タイトル1</title>
<link>リンク1</link>
</image>
<image>
<title>タイトル2</title>
<link>リンク2</link>
</image>
<image>
<title>タイトル3</title>
<link>リンク3</link>
</image>
</data>

世界は広い

googleマップで世界地図を眺めていたら、頭の中を日々いっぱいにしてくれる数々のもやもやとした悩みなど、ちっぽけなものだなと思えてきた。広い宇宙の中の、地球という惑星の、日本という国の、ある都市の、ある町の、ある会社の、小さな椅子に座っている自分の悩みなど、その頭上に拡がる世界に比べたらとるに足らないなと。

自分が悩んでも悩まなくても世界は回るし、時間は過ぎる。自分の限りある人生の中で、そんなつまらない悩みに使う時間はないし、それによって手に入れることのできなかった経験のことを思うといてもたってもいられなくなる。うまく言葉にできないけれど、なんだかとても感動した。

新しい携帯

今日、3年ぶりに新しい携帯電話を購入した。

携帯なんて通話とメールができれば十分だと思っていたのだけれど、日に何度もフリーズするようになってしまっては換えざるを得ない。できるだけ前の携帯と操作感がかわらないものを選んだつもりだったけれど、ちょっとしたこと、例えばボタンの押したときの感触が物足りない、カレンダー送り(?)機能がない、などなどが気になってしまう。視覚、聴覚的な部分はある程度で良いので、もっとこう、感触的な部分で先進的な携帯ってないのかな。持った人の手の形にスッと収まる携帯とかボタンの押し心地をその人の好みに完璧に合わせられるとか。ほぼ毎日携帯するものだから、携帯していることに気がつかないほどの携帯感(?)を持った携帯がほしいな。

それは今のこの携帯の形ではきっとないのかな。

これからの時間

今日から10月。

9月はいったい何をしたのかと思ってみると、何したっけ?会社とマンションをひたすらに行ったり来たりしていたような気がする。かといって仕事が順調だった訳でもなくただ何となく過ぎたような。

昔を思い出したときに、思い出せることがあるように日々を生きようと思っているのだけど、なかなか難しい。良いこと悪いこと、成功したこと失敗したこと、何でもいいから記憶に残していきたい。

過ぎた時間は決して戻ってこないのだから。