返事は大事

たとえばメールをもらったとき、まずは「メールが届きましたよ」というメールを返す。仕事であればなおさらで、私もメールの内容については了承していますよという意思表示も兼ねる。また、たとえば、他人から何かをもらったとき、その場でのお礼はもちろんのこと、それを試してみての感想を一言でも良いから返す。別に社交辞令でもかまわないから、ちゃんと試したよ(試してみたよ)という意思表示をすること。

他人との関係の中で、お互いに最低限の意思の疎通をすることってとても大事だと思う。その内容如何(否定的な内容でも構わない。むしろその方が良い場合さえある)ではなく、あなたの投げたボールは”とりあえず”受け取ったよ、ということを示さなければ何も始まらない。こんなこと、誰に教わるでもなく教えるでもなく、自然と身についているものとばかり思っていた。

けど、その最低限の意思疎通すらしないひとが、このごろ多いような気がする。そりゃ、親しくなればなるほど”以心伝心”なんて言葉もあるから、一概には言えないけれど、やっぱり返事だけは欲しい。私の意見が気に入らないのなら、そう言ってくれればいい。”無視”されるのが一番イヤだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA