ギター工房見学

友人のギタリストが自身のギターの修理のためにギター工房へ行くことになり一緒に同行させてもらった。その工房では、一台一台をハンドメイドで製作するかたわらで、ギターの調整から修理までを一人で受け持っており、部屋の中には作りたての作品や、各地から送られてきたギター、その材料、道具が所狭しと並んでいた。

私はギターの修理と聞いて、上蓋を開けて板を張り直すとか弦を新品に張り直すとか、とても大がかりな作業を想像していたのだが、作業を見ていると、弦を何度か弾き胴体をトントントンと指で叩き、その音の違いを見つけているだけであった。しばらくするとその不具合の原因が分かったようで、問題は上蓋とその裏の補強板が少し剥がれているとのこと。その箇所を見せていただいたが、最初は全く見えず、言われて初めて1mmにも全く満たない隙間がパクパクと口を開けているのが分かった。こんな隙間を音だけで探すなんてその時点で神業のよう。そして修理と調整を行うと、私でも分かるくらいに音がクリアになっていた。

その後、ギター工房内の案内や工具の紹介などをしていただいた。お話を伺っていると、工房の造り、材料や工具の一つ一つがいかに大事で、いかに気を配っているのかが良く分かる。たとえば、既製の道具では自分の求める形が出しにくいからと、特注の道具を使用したり、時には道具を作るための道具を自身で製作したりするのだそうだ。板の切り出し一つをとっても、その日の湿度や温度を調整し、全ての作業が同じ環境で行えるよう留意する。そして各製作課程において、吟味した材料の中でも特にこれから使おうとする木材がどんな特性を持ち、どんな切り方、どんな貼り方をしたら良い音になるのか、そういった事を考えて考えてギター製作に打ち込む。そうして完成したギターは、音はもちろんその形や弦の張り具合、ギターから放たれる独特の雰囲気など全てが完璧に仕上がる。

別に有名な製作家が作ったからとか、値段が高いから良いギターであるということは決してなく、その製作家の工房や、使っている道具、作り方、そしてギターに対する思いがあってこその最高の作品なのだと思う。評価や値段は後から付いてくる。一流の音楽家は楽器に対して金銭的な価値に重きを置かないという気持ちが少し分かるような気がする。

友人によれば、彼のギターを今から予約をすると最低でも2年は待つことになるとのこと。それが短いのか長いのか、いざその作品を手に入れようと思った時、それを見極められるくらいの眼力は持っていたいと思う。

裏方万歳

どんなに当然のごとく進んでいるように見えることでも、本当はそんなことないのだと思う。そんな時に、他人にほんの一瞬でも気にかけてもらえたら、それはとてもとても嬉しいこと。

別に表舞台に出たいわけではないし、面と向かってありがたがられたいわけではないけれど、ちょこっと、ほんのちょこっと心の片隅に留めておいてくれたらそれで満足。

そんなふうにして、お互いに気がつき、気がつかれあっていかれればどんなに楽しいかなあ。